腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛・膝痛・肩こりなど、痛みの根本治療なら下北沢JM整体院へ

下北沢JM整体院

下北沢駅南西口から徒歩5分
お子様連れの方の来院も大歓迎!

住 所
東京都世田谷区代沢5−8−15
山口ビル2F
営業時間
9:00〜21:00

下北沢JM整体院のブログ

下北沢JM整体院は〇〇が他と圧倒的に違う!!!

    • お客様の声

こんにちは!あなたの痛みの原因追求します! 柔道整復師の吉澤です!!!   先週の5/17は院長のお誕生日でした!!! 最強の30歳を目指す!!!と豪語されていました笑 私もそのお力添えをできればと思います!!!   お話は変わりますが 当院では、膝痛と腰痛のお客様が多くご来院されるのですが 頚部痛や肩こり、細かいところでいうと手首の痛み、足首の痛み 様々な部位の痛みのお客様も数多くご来院頂いております。   今日は当院が他と何が違うのか?? この点についてお話させていただきますね。 下北沢JM整体院は〇〇が他と圧倒的に違う!!! 当院は前村院長と副院長の吉澤の二人体制 二人とも違う人間なので、施術法も少し違いますし、身体の見方も違いはありますが 共通事項として気をつけている事があり、そこが当院の圧倒的な強みとなっています!!!   それが〇〇に当たるのですが、、、   検査した結果の評価とそれに対する説明   え!!!!!????   なんだよそれって思いますよね笑 月並みな〇〇じゃねーか!!! と思う方もいらっしゃると思いますが、これが本当に肝なんです。   検査が出来ていないと症状が見えない →症状が見えないと身体の評価が出来なくて施術方法が決められない →施術方法が決められないとギャンブルのような施術になる →行き当たりばったりの施術だと患者様に説明が出来ない →症状に対する説明がないと終わりが見えない施術となる   当院のコンセプトは   “お客様のお身体を通わなくても良いお身体にすること”   その場しのぎの施術では、延々と通院する事になり、終わりが見えません。   当院に来られるお客様が口を揃えて仰ることが   こんなに的確に診てもらえなかった… 説明がとてもわかりやすい!!! 痛いところは触らないんですね!!!   等々仰られます。   巷には沢山のリラクゼーションや接(整)骨院、鍼灸院、整体院で溢れかえっています。   中には医学的知識や解剖学、生理学などの身体の知識がないまま自社の研修を受けただけでお客様の施術に入るところもあるそうです。   お店選びって本当に昨今は難しくなって来ています。   […]

下北沢JM整体院では必ず〇〇を見る!!!

    • アスリートコンディショニング
    • ギックリ腰
    • 坐骨神経痛
    • 股関節痛
    • 腰痛
    • 膝の痛み

下北沢JM整体院では必ず〇〇を見る!!! こんにちは!あなたの痛みの原因追求します! 柔道整復師の吉澤です!!!   本格的に夏が始まりそうな陽気ですね、、、   暑くなるにつれて、体調不良の方も増えてきています。   自分のお身体と向き合い 休むときは休む。メリハリをつけた生活が必要ですね!!!   今回は前回のアスリートの施術についてのブログの続きになります。   〇〇を下北沢JM整体院では見ると題しました。   私も前村院長もほとんど必ずと言って良いほどどの症状の患者さまでも触れます。   それは、、、   股関節です!!!   今回はなぜ股関節なの??? と言う疑問をお客様に分かりやすい様にお話させて頂きます。   股関節ってどこ?? 何があるの?? 股関節は骨盤の寛骨臼という受け皿と大腿骨頭という球体が組み合わさった関節です。   肩関節に次いで、自由度が高い関節です。 ※自由度が高い=動きに制限が出た時に身体に異常が出やすいという事です!!!   猿から二足歩行へと進化した人間は、猿の時は背骨にあった重心が股関節付近へと移る事になり、とても重要な関節となりました。   そんな股関節の周囲の筋肉や神経、血管についてお話していきます。 股関節周囲の大切な筋肉 【大臀筋(だいでんきん)】 一度は耳にされた事がある方が多いかと思います。 骨盤から大腿骨へと股関節をまたぐ様に付着していて、二足歩行の人間のみここまで大きく発達している事が特徴です。   この大臀筋が弱化してしまうと、老人性歩行と言ってふらつきが出てきたり、 長時間の立ち姿勢が辛くなってきます。 次に 【腸腰筋(ちょうようきん)】 背骨の腰椎から股関節をまたいで大腿骨に付着する筋肉です。   股関節に制限が現れると、この筋肉が緊張し付着している腰椎にも異常が現れます。 その為、腸腰筋は腰痛と膝痛と密接に関係しております。 股関節周囲の大切な血管 【大腿動脈.静脈】 骨盤の血管から分岐する動脈で、下肢の内側を走行していて 足先の方まで伸びていっております。 その為、股関節付近の筋肉や関節の動きに制限が出ると、ここを通る 大腿動静脈の血流が悪くなり、冷え性などになり易いです。 股関節は足の冷え性と密接な関係ですね!!! 股関節周囲の大切な神経 […]

スポーツ選手のメンテナンス

    • アスリートコンディショニング
    • スポーツトレーナー活動
    • スポーツ障害

スポーツ選手のメンテナンス こんにちは!あなたの痛みの原因追求します! 柔道整復師の吉澤です!!!   当院は前村院長と吉澤で、沢山のアスリートを担当しております^^   実は吉澤もサッカー選手とテコンドー日本代表の選手を専属で診させて頂いております!   本日はアスリートに対しての施術についてお話しさせて頂きます!!! アスリートの施術って…!?   前村院長はウルフ・アロン選手を筆頭に沢山の柔道家を担当しております。 “前村院長=柔道家への施術のスペシャリスト”   スタッフの私でも、贔屓目なしにそう思います。   今回は… 前村院長の柔道家の施術をするにあたってのポイント 私がサッカー選手とテコンドー選手を施術するにあたってのポイント これらについてお話させて頂きますね!!!   アスリートの施術のポイント 柔道は技に入るまでの身体の動きやすさが肝となります!!!   技に入る際に、股関節の柔軟性がないと綺麗に決まらない為 股関節の可動域は必ずチェックします!!!   また、技をかけて最後に力を出しきるには背部の筋肉の 正常な筋活動が必要不可欠です!!!   その為、前村院長は柔道家の施術において股関節と背部を特に大切にしています!       私吉澤は、サッカー選手とテコンドーの選手をみています。   サッカー選手もテコンドーの選手も共通していることが一つあります。   蹴りがメインの競技のため、蹴りの瞬間は軸足を中心に片足立ちとなることです。   片足立ちのポイントは足関節と股関節です 足関節は 地面と接地する ボールをしっかりと蹴る   股関節は 軸足の安定性   これらがそれぞれとても大切になってくる要素のため 特にこの2点の部位は吉澤は大切に施術させて頂いております^^   前村院長と私の施術で共通しているのが、股関節の施術です。   我々人間は、猿から進化したと言われていて、 進化の過程で二足歩行になった事が特に大きな変化です。 […]

腰痛で腰以外を触ると改善する◯◯知っていますか??

    • お客様の声
    • ギックリ腰
    • 腰痛

こんにちは!あなたの痛みの原因追求いたします! 下北沢JM整体院の吉澤です。   前回は膝痛の要因は足先から見直していくお話しをさせて頂きました。   下北沢JM整体院は膝痛と腰痛のお客様が多くご来院されます。   今回は腰痛にフォーカスを置いてお話しさせて頂きます!!!   題して… “腰痛はなんでお腹が原因が多い”   ??? まさに出だしからなんで??という感じですよね(笑)   私が腰痛患者様を見させていただく際は、100%と言って良いほど腹部に触れます。 新規の患者様からは「え??腰痛でお腹??」といつも不思議に思われます^^ その理由を分かりやすくお話しして行きますね!!!   腰痛でなんでお腹なの??? これは、私が以前腰痛セミナーをした際の写真です。 ※まさにお腹に触れています!!!   お腹の奥には、下記写真の大腰筋と言われる 腰椎から股関節にかけて付着する筋肉があります。 この筋肉は腸の奥にあり、間接的に触れることが出来ます。   この筋肉が異常筋緊張を起こすと、腰(腰椎)を前へ引っ張ってしまいます。 これがいわゆる反り腰だったり、脊柱管狭窄症.腰椎すべり症.ギックリ腰と言われる物の要因となります。   このような状態の方は、うつ伏せで上から腰を押されると、前への飛び出しが更に助長されてしまう為、悪化してしまいます!!!   この前への飛び出しが多い人の特徴としては   デスクワーク 長時間運転のお仕事 股関節が固い人   これらの方が多いです!!!   腹部が短縮方向で長時間固まってしまうからです。   大腰筋について、少しづつご理解頂けた所で、、、 大腰筋が原因の腰痛に多い症状 大腰筋が腹部から間接的に触れられて 使いすぎると、腰を反り気味の方向へと導いてしまう事はお分かり頂けたかと思います。   この筋肉が緊張することが起きる腰痛の症状は   ずっと座っていると痛いが、動いている方が楽 年に数回ぎっくり腰になる 朝方が一番痛い etc… ※当てはまる項目が多い方ほど要注意です!!!   […]

あなたの膝痛はどこから?~その2~ 膝痛専門 世田谷区下北沢JM整体

    • 膝の痛み

あなたの膝痛はどこから? ~その2~ こんにちは!あなたの痛みの原因追求いたします! 下北沢JM整体院の吉澤です。   暖かい気候になり、ほとんど寒暖差はなくなってきましたね!!!   前回、膝痛の痛みの原因は膝にはない事が多いですよ〜 とお話しさせていただきました^^   足オタクの吉澤は足部の自分で出来る見直しを挙げさせていただきました!!!   今回は自分で見直せる3つの重要なポイントについてお話しさせて頂きます。   自分で見直せる足部のポイント   靴の選び方 靴下の選び方.履き方 爪の切り方   上記3点を前回の投稿で挙げさせて頂きました。   前述させて頂きますと、全てに共通する事項としては 足指がうまく使えるかどうか!!!が肝となります。   これからお話しさせて頂きますね^^   靴の選び方 靴の選び方は突き詰めると沢山ありますが、今回はポイントを2つに絞ります^^   ①つま先は1㎝余裕を持たせる(捨て寸と言います) →足先がゆとりを持って動き、窮屈なスペースを作らない為です!!!   ②靴を選ぶのは午後3時台 →足の大きさが1日の中で中間位と言われている為です!!! ※むくんでいる時間帯に選ぶと、そうでない時に靴が小さく感じてしまう為   この2点を心がけるだけでも、まずは靴の中での指の動きが確保されて 正しく指を使って歩けるように!!!   靴下の履き方.選び方 靴下の履き方はゆとりを持たせる為に 一度きつく靴下を履いたら靴下の先をつまんで少し引っ張りましょう!!! そうすると少し空間が出来て一番良いフィット感でストレスなく履けます^^   選び方としては5本指ソックスか足袋式ソックスがオススメです!!!       5本指は足指が個別に使えますし、足袋式は親指とそれ以外なのですが、筋肉の関係上これはこれで理想的な別れ方になります。 相性の良い方でいいと思いますので、お試し頂ければと思います^^ 爪の切り方 最後に爪の切り方です。 爪は指が正しく使えるようになる為、重要な役割を果たしていて、爪がないと人は正しく力を発揮できません。   […]

あなたの膝痛はどこから? 膝痛専門 世田谷区下北沢JM整体

    • 膝の痛み

あなたの膝痛はどこから? こんにちは!あなたの痛みの原因追求いたします! 下北沢JM整体院の吉澤です。   最近は少し暖かくなってきましたね! ですが、気温の寒暖差が激しい季節とも言えます。 このような状態では気圧の関係上、関節に負担がかかりやすいです。 当院は最近特に、膝痛のお客様が多くお見えになります。 膝痛の多くのお客様が下記の写真のようなO脚を呈する膝痛です 。   当院へは様々な施術や治療を行い、中々よくならなかった…. そのようなお客様に施術された部位を伺うと   「膝をマッサージしてもらった」 「膝に注射して湿布薬をもらった」 etc..   膝を中心とした施術がほとんどですね。   膝痛の要因は膝自身ではない事が多い!? 膝痛のお客様たちが膝への直接的な施術であまりよくならなかったという事例を前述しました。   じゃあどうして膝が痛くなるの??   ここで疑問が生まれると思います。   ここで膝痛のお客様の痛くなるタイミングを伺うと   「階段を降りるとき」 「長時間座った後の動き出し」 etc…   上記二つに共通している事があります。   それは…足部(踵)が地面に着いた時に痛むという事!!!   足部が接地した時に痛むということは、、、   足部の使い方=足先の使い方に原因があるとも捉えられます。   膝関節は、股関節と足関節に挟まれている(サンドイッチされている)関節です。その為、股関節と足関節が悪さをした結果として膝痛が生じるケースがほとんどです。   当院の膝痛に対する施術は、股関節と足関節の修正をし、間に挟まれている膝関節の歪みを整えていく事で痛みを取り除いていきます!!!   大切な事が一点ございます。   施術は症状が良くなって行く為のキッカケ作りです。   最高の状態へ持って行くには お客様ご自身の症状に対する理解と、向き合う事が大切です。   特に足オタクの吉澤は、足部を大切にします。   お客様ご自身で、足部を見直せる事として […]

新しいスタッフが増えました

    • アスリートコンディショニング
    • スポーツ障害

初めまして!!! 4月より下北沢JM整体院で勤務させて頂くことになりました。     吉澤遼馬(よしざわりょうま)と申します!!! 1994年12月13日生まれの現在24歳です^^   生まれ育ちは神奈川県三浦市(前村院長と同じ!!!)   前村院長とは小学校が同じで、弟さんと同級生だった為 以前から大変お世話になっておりましたが、まさか一緒にお仕事させて頂くとは。。。笑   座右の銘は秒進分歩。   好きなスポーツは野球とサッカーです。   野球を7年間、サッカーを2年やっておりました^^   これまで自身でも沢山の怪我を経験し、挫折も経験しました。   自分と同じように怪我をしてスポーツを諦める選手が少しでも減って欲しい…   そんな想いから、外傷のスペシャリストの柔道整復師を志し、なる事が出来ました。   私の経歴からお話しさせて頂きますね^^   経歴 2016.3 呉竹学園 横浜校 柔整科卒 柔道整復師免許取得   2016.4~2019.3 横浜市栄区かないわ鍼灸整骨院(接骨院とデイサービスに勤務) 同時に完全自費の出張整体もスタート(累計実績150名様超え)   かないわ鍼灸整骨院の金岩伸明先生に師事しました。 金岩院長は整形外科と救急病院での勤務経験があり、骨折脱臼などの急性外傷のスペシャリストでした。また、人工関節や、外科的整復の手術後の患者様も多くご来院される治療院だった為、後述しますが外傷後の施術や外科的手術後の施術はとてもお勉強させて頂いた為、得意です!!!   出張整体は親族や友人から口コミが広がり、お陰様で現在に到るまで、150名様を数える程のお客様に施術させて頂いております。   2019.4~(現在) 下北沢JM整体院スタッフ×出張整体 並びに、サッカーJ3 Y.S.C.C.横浜の#17河野諒祐選手#19山内恵太選手の専属セラピストもさせて頂いております。   他にも、ラグビー選手やアメフト選手、テコンドーなどの格闘技の選手も出張で施術させて頂いております。   得意な…   私の得意な部位はズバリ、、、足部(足)です!!!   私のTwitterアカウントです。   […]

膝の痛みを解消させるのに歩くのが危険!? 膝痛専門 世田谷区下北沢JM整体

    • 膝の痛み

膝の痛みを解消させるにはどうすればいいの?   こんにちは!あなたの痛みの原因追求します! 柔道整復師・スポーツトレーナー 下北沢JM整体 院長の前村です! 本日は「膝の痛みを解消させるのに歩くのが危険!?」 よくこんな質問をされることが多いです!!   膝痛のお客様 もっと筋トレをして鍛えないと駄目と言われました。もっと歩いたりして筋肉をつけないとダメですか? このように膝の痛みには運動が必要言われる方が多いです。 あくまでも運動は必要です。 当院でも膝の痛みの方に関して運動を指導を致します。 ですが、運動はあくまでも痛みが出ている初期の段階ですることはありません。 膝の痛みが強い時は歩きすぎは危険です! 例えばですが、捻挫した時に歩くことを指導しますか? しませんよね? ですが実際にこのように膝の痛みには初期の段階から運動の指導をされることが本当に多いのです。 膝の痛みに対して運動=ウォーキングであることを提唱しすぎなのです。 膝の痛みのほとんどの方がこの運動で治していくと勘違いしている方が多いです。 ですが、膝の痛みは筋肉から起きている場合もございます。 筋肉に発熱している状態で運動を過剰に行えば、発熱はさらに強くなってしまい、痛みは更に増大してしまいます。 膝痛の際の運動は時期が大事なんです!! 膝の痛みではまずは痛みの状態を確認します。 熱や腫脹や関節の可動域を確認して、痛みの状態が軽減していく過程から、徐々に運動量をあげていくことが大切です! まずは上記の状態から、脱却してから運動を開始していくことが、再発のリスクがもっとも少ないと考えています。 施術だけ、運動だけと意識せずに、良い部分を適切な環境やタイミングを行うことが大切です。 まとめ ここまでの話ではあくまでも運動が必要ないというわけではありません。 あくまでも運動の必要性やタイミングを知っていただきたいと思います。 世田谷区下北沢JM整体では、膝痛はもちろんのこと。 腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・肩こりなど多くの症状にも対応させていただきます! ただ楽になるだけではなくその後も痛みが起こらない体つくりを一緒に作りましょう! お悩みの方は当院までお気軽にお問い合わせください!   膝痛の方はこちら。 https://jm-seitai.com/symptom_menu/膝痛            

腰痛でこんなことがありました!! 腰痛専門 世田谷区下北沢JM整体

    • ギックリ腰
    • ヘルニア
    • 座骨神経痛
    • 腰痛
    • 腰部脊柱管狭窄症

腰痛の症状がいつもと違う?   こんにちは!あなたの痛みの原因追求します! 柔道整復師・スポーツトレーナー 下北沢JM整体 院長の前村です! 本日は「坐骨神経痛でこんなことがありました!!」   先日、腰痛でお悩みの方女性から予約の連絡があり、背中から腰の痛みが強く、診てほしいとご連絡がありました。 椅子に座ってカウンセリングをしている間も痛みで座ってられないようでした。 そしていつもとは違った違和感があったのです。 これは腰痛ではない? まずお話しを伺うと、腰の上部のあたりに激しい痛みを訴えていました! 当初は痛みの状態を確認した際は脊柱と言われる背骨に近い部分の痛みがあるとのことでしたが、検査を続けていくと、下記の画像で丸で印をつけているあたりにさらに激しい痛みがあったのです! 腰痛は様々な種類があります。 ・腰椎ヘルニア ・脊柱管狭窄症 ・急性腰痛(ぎっくり腰) ・仙腸関節炎 ・慢性腰痛(筋緊張) 簡単にいうとこの辺りがメジャーになります。 まずは腰痛と訴えのあった際には上記の症状を基本的に疑います。 ですが今回の症状はこれらの症状に当てはまらなかったのです。 では今回の痛みは何が原因だったのでしょうか?   痛みの原因はやはりあれでした!! 今回の痛みの原因それは、、、 尿管結石です!! 下記の画像を上記のものと比べると腎臓の位置に当てはまります。 もちろん結果は病院に検査を行っていただき、正確に診断していただいたものです。 過去にもこの尿管結石の疑いを見つけた経験があったので、スムーズに病院を紹介することができました。 あくまでも当院では筋肉・関節・靭帯などの状態異常であれば対応可能ですが、内臓疾患を治療することは不可能です。 むしろ施術しようとすれば、状態を悪化させてしまう可能性の方が高いのです。 施術をがむしゃらに筋肉や関節だからと一方的に決めつけてマッサージなどを行ってしまうのは本当によくありません。 痛みの本質をしっかりと理解することで、施術以外で解決できる事もたくさんあるのですから、、、 まとめ ただの腰痛? それならマッサージで揉みほぐしてもらえればいいや!! そんな簡単なことはありません。 痛みのない生活を送ってもらうためにも、正しい処置と検査で少しでも早く痛みを取り除くお手伝いをしています。 そのためにはしっかりと医療機関にご紹介する事もあります。 餅は餅屋!! 同じ身体のことでも、専門分野が違えば事故に繋がるケースもあります。 あくまでもプロだからこそ、しっかりと医療機関に送る事も必要という事です。 当院ではお客様の身体の痛みの状態を確認した上で施術させていただきます。 痛みのない生活を一緒に手に入れましょう!! 腰痛の方はこちら https://jm-seitai.com/symptom_menu/腰痛 坐骨神経痛の方はこちら https://jm-seitai.com/symptom_menu/坐骨神経痛 ヘルニアの方はこちら https://jm-seitai.com/symptom_menu/ヘルニア      

あなたは本当に変形性膝関節症ですか? 膝痛専門 世田谷区下北沢JM整体

    • 膝の痛み

変形性膝関節症の真実とは? こんにちは!あなたの痛みの原因追求します! 柔道整復師・スポーツトレーナー 下北沢JM整体 院長の前村です! 本日は「あなたは本当に変形性膝関節症ですか?」 最近膝痛の患者様で、私は変形性膝関節症だから、痛みが取れる事がありませんか? このような質問が最近本当に多いです! 実際にこのブログを読んで私はまだ痛みがなくなる可能性があるかもと自信を持って頂きたいです。 変形性膝関節症とは?? 変形性膝関節症とは膝の関節内の軟骨がすり減ることで、関節内の隙間がなくなり、骨棘と言われる骨の棘が形成されていくことで痛みを生じる状態のことです! 変形性膝関節症のオペの対象はドクターの判断や年齢などを考慮していきますが、この判断はある一定のレベルにならなければほとんどの方はオペの対象にはなりえません! またクリニックや病院でのレベルにより治療法などは様々ですが、ほとんどの医療機関では、変形性膝関節症に関しては以下のようなことを行います! ・湿布の処方 ・痛み止めなどの処方箋 ・ヒアルロン注射 ・痛み止めの注射 ・電気治療 ・トレーニングを主とした運動療法 これらのことは決して間違いではありません。 ですが、本当に変形性膝関節症で痛みがあるのかということが大切なんです!   変形性膝関節症で痛みが起きていない? このケースが大変多いです。 当店でも毎月多くの膝痛患者様が来店されます。 その80%以上の方が、病院で変形性膝関節症の診断で、先ほど説明した項目での治療で痛みが取れなかった方がほとんどです! それはなぜか? 簡単です! 痛みの本質が変形性膝関節症になかったからなんです!!! お話を聞いているとほとんどの方々がこう答えます!     下北沢JM整体 どのような診断や問診を受けましたか?   Aさん レントゲンの画像を見て、隙間が狭くなっているから加齢による変形性膝関節症でしょう。     下北沢JM整体 変形性膝関節症と診断を受けてから、どのような治療をしてきましたか?   Aさん まずはヒアルロン注射を2週間に一度打ち続けています!あとは湿布と痛み止めを飲んでいます。もう3ヶ月ほど行っています。ただ色々と自分で調べて見たのですが、関節の中だけが痛い感じはしないのです。日に日に痛みも増してきています。 このように相談せれる方が本当に多いです。 実際に膝をみていると、痛みが関節内部で起きている方が少数なのですから、、、 ではどこで痛みが起きているのか? それは筋肉での痛みが起きている方が大多数なのです。 膝周囲の筋肉の付着部が何かしらのストレスを受けていることで痛みが発生し、時には熱の反応や腫れまで起こしているのです。 筋肉が痛みの原因であればマッサージが有効では? これも大きな間違いなんです! 硬くなってしまった筋肉が原因であれば、そこを揉んで柔らかくすれば治る!! この考えこそが、痛みが取れない原因の一つでもあります。 まずはなぜ日常の生活の中で膝の周囲の筋肉に痛みが出てしまうのかを(根本的な原因)追求していかなければいけないと私は思います。 筋肉にストレスが起きる原因とは? […]

インターネット限定
OPEN特別価格

施術1回 通常 8,000

初回限定

3,980

まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

03-4283-3275 03-4283-3275

営業時間:9:00〜21:00 定休日:不定休

下北沢JM整体院

住所
〒 155-0032
東京都世田谷区代沢5−8−15
山口ビル2F
アクセス
下北沢駅南西口から徒歩5分
お子様連れの方の来院も大歓迎!
代表者
前村 良佑
電話番号
03-4283-3275 03-4283-3275

当日予約も可能です!お電話ください

営業時間
9:00〜21:00

ソーシャルメディア

お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP