腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛・膝痛・肩こりなど、痛みの根本治療なら下北沢JM整体院へ

下北沢JM整体院

下北沢駅南西口から徒歩5分
お子様連れの方の来院も大歓迎!

住 所
東京都世田谷区代沢5−8−15
山口ビル2F
営業時間
9:00〜21:00

下北沢JM整体院のブログ

姿勢には種類がある事、ご存知ですか???

    • お客様の声
    • むくみ
    • 姿勢改善
    • 肩こり
    • 首こり
    • 骨盤矯正

姿勢には種類がある事、ご存知ですか??? こんにちは!あなたの痛みの原因追求します! 柔道整復師の吉澤です!!! お客様から   反り腰で… 昔から猫背で… ぽっこりお腹が前に出ていて… これらの質問やお悩みが非常に多いです。   実は…猫背にも反り腰にも種類があります!!!   あなたのやってるエクササイズや筋トレは間違いかも…???   これから姿勢の種類をお話しさせて頂きますね。   姿勢の種類 実は姿勢には大きく分けて4種類ございます!!! 画像出典:ケンダル 筋:機能とテストより   今回は一つずつ、姿勢のお話しさせて頂きます。 正常な姿勢(理想的なアライメント) こちらが最も理想的と言われている姿勢です。 耳たぶ-肩-お尻側面の出っ張り-膝のお皿の裏-くるぶしの約3㎝前方 これらが側面から見たときに縦に、一直線となる姿勢が正しい姿勢です。   不良姿勢(猫背や反り腰)はこの正しいラインから 逸脱してしまっている姿勢と言う事になります!!!   正しい姿勢がお分り頂けた所で、他3種類の不良姿勢についてお話していきますね。 後弯-前弯姿勢 (カイフォロードシス) ストレートネック 猫背 反り腰 これらの状態が合わさった姿勢が後弯-前弯姿勢(カイフォロードシス)です。   猫背だからと言って、姿勢を良くしようと意識しすぎると腰が反ってきて痛くなってくるのがこの姿勢に多い特徴です!!! また、ストレートネックもある為 首の大切な動脈や神経が圧迫されて、頭痛や首肩こりも伴って起こります。   平背姿勢 (フラットバック) 平背 受け腰 こちらは骨盤が後ろに倒れて、受け腰と言われる平背姿勢(フラットバック)です。   腰椎が後弯して椎間板が前方が潰されるようなストレスがかかる為 腰椎椎間板ヘルニアの方に非常に多い姿勢です!!!   後弯-平坦姿勢 (スウェイバック) 猫背 受け腰 […]

あなたのその冷え症の原因は◯◯!?!?

    • 肩こり
    • 腰痛

    こんにちは! 下北沢JM整体 小寺です。 最近一段と寒くなりましたね・・・。風邪は引いていないですか? 本日は『あなたのその冷え症の原因◯◯!?』についてです。 この時期は手先や足先が冷え、暖かい場所に居ても寒く感じることがあるかと思います・・・。 なぜあなたに冷え症が起きているのか。原因を追求していきましょう!   あなたはどの冷えのタイプ? 冷えにも色々なタイプがあります。 全身冷えタイプ ☑︎ 過度な食事制限をしている ☑︎低血圧 ☑︎筋肉量少ない これは、全身冷えタイプです。 過度なダイエット法などにより、基礎代謝が低下し、熱を出さなくなります。 末端冷え性タイプ ☑︎熟睡できない ☑︎ちょっとしたことでも気になってしまいストレスを感じてしまう ☑︎眠る前までスマホを長時間見ている ☑︎手の指先、足先だけ冷たい これは、手足先だけの末端冷え性です。 睡眠前にスマホを長時間目視することで、ブルーライトを大量に吸収してしまうことで、交感神経が活発に働き、上手に睡眠がとれずまた、末端まで血液が行き通らなくなります。 その結果自律神経が乱れてしまいます。 内臓冷えタイプ ☑︎普段デスクワーク ☑︎ 濃い味が好き ☑︎ 冷たいものをよく飲む ☑︎平熱が36度より低い これは、内臓(お腹・背中)冷えタイプです。 大量に冷たいドリンクを摂取することで、冷えやすい身体を作ってしまいます。また、平熱が36度より低い方は、身体の表面は冷えていなくても内臓が冷えている状態なので、直接腹部を触るとかなり表面から冷たい感じが伝わります。 むくみ冷えタイプ ☑︎汗をあまりかかない ☑︎運動不足 ☑︎休日はダラダラと家で過ごしている これは、むくみやすい冷えのタイプです。 普段の生活習慣で、身体を動かしていない方、特にエレベーターやエスカレーターを多用したり、休日も外に出ずゴロゴロしている方などは身体の中の新陳代謝が悪くなり冷えが起こります。   あなたに当てはまる冷えタイプはございましたか? 冷えにもこんなにタイプがあるなんて知らなかった方は、まずは自分の冷えのタイプを知ることが大切です!!   今すぐできることから改善して行きましょう! ① 足元・首元・お腹を温める 足先の冷えは全身の冷えに繋がります。 特に足首の冷えは良くありません!! レッグウォーマーや五本指ソックスが効果的なので使用しましょう! 首には神経や大きな血管がたくさん通っています。そこが冷えてしまうと肩こりや首こりの原因となるので、マフラーやタートルネックなどを着て温めましょう。 お腹はたくさんの臓器が集まっております。腹巻きやホッカイロを利用して温めることで全身を温めることにもつながります。     ② 半身浴をする […]

最近よく耳にする『ロコモ』って?!?

    • 肩こり
    • 腰痛
    • 膝の痛み

こんにちは! 下北沢JM整体小寺です。 本日は、「最近よく耳にする『ロコモ』って?」です。 テレビや新聞、病院などで耳にすることがあるかと思います。 ロコモとはどういうものなのか。ご紹介いたします!   ロコモって何? ロコモとは、骨、関節、筋肉などの運動器の働きが低下した状態、日常生活の中の自立度が低下する状態のことを言います。 (運動器とは・・・骨、関節、筋肉身体の運動を担う身体の器官のことです) (ロコモは略称で、正式にはロコモティブシンドロームです) 運動器が低下すると・・・そのまま介護や寝たきりに・・??? 今の自分がどのくらいの状態なのか。チェックしてみましょう!     では、ロコモチェックです! ① 2キロ程度(1リットルの牛乳パック2個)の買い物を持ち帰ることが困難である ②家のやや重い仕事(掃除機、布団の上げ下ろし)が困難である ③片脚立ちで靴下履けない ④階段上るのに手すりが必要 ⑤15分くらい続けて歩けない ⑥家に中でつまずいたり、滑ったりする ⑦横断歩道を青信号で渡りきれない   この中でチェックついた項目はありますか? 7つのうち、1つでも項目チェックがあった場合、運動疾患があります・・・ 今のうちに改善させましょう!   予防、改善トレーニングしましょう! ●開眼片脚立ち   1 脚を拳一個分あけて開きます 2 ゆっくりと片足をあげ10秒間維持します。  (この時、足の指も使ってよく開いた状態で立ちます) 左右交互 3セットずつ実施しましょう ●スクワット 1 脚を肩幅に開き、手は腰におきます。 2 椅子に座るような感覚で、つま先より膝が前に出ないように膝を曲げます ※ つま先が外、内向きにならないようにします  (この時重心は、土踏まずを意識しましょう) 10回 3セット実施しましょう   ● 椅子に座り膝曲げ伸ばし運動 1 椅子に膝裏がつくまで深く腰掛けます 2 太ももの裏が椅子から離れないようにしながらゆっくり脚をあげ、戻します  (曲げ伸ばしは5秒ずつを意識しましょう)   右10回 左10回 3セット実施しましょう   ● 30〜40分のウォーキング ● ラジオ体操   全て呼吸は止めないように意識しましょう! […]

あなたのその肩こり…何が原因!??

    • 肩こり

  こんにちは! 下北沢JM整体 小寺です! 本日は、肩こりについてご紹介いたします! 男女問わず肩こりに悩まされているかと思います。 あなたのその肩こり・・・何が原因なのか・・・追求しましょう!!   肩こりはなぜなるの? 肩甲骨から首の間の筋肉が緊張する事で血行が悪くなり、疲労物質が筋肉の中で溜まってしまうと肩こりが起こります。 特に女性は男性に比べると肩まわり、腰まわりの筋肉は弱いため発症しやすいです。   〜ここで! 肩こりチェックです!!〜 ☑︎ 運動不足が続いている ☑︎ 肩甲骨が硬いと感じる ☑︎ ストレスを感じる ☑︎ 目の疲れを感じる ☑︎ 姿勢が悪い   いくつ当てはまりましたか? 全て当てはまる方は、相当肩が張っているかと思います。   〜次は実践編です!〜 チェックを始める前に、身体全体を壁につけましょう! ☑︎ 身体全体を壁につけたまま、ゆっくりと腕を横にあげます。 上へ挙げられる場合は挙げていきましょう。   ⚠︎ 腕が身体から離れたり、肘が曲がらないように注意しましょう。     どのくらい挙げることができましたか? 45度も上がらなかった方・・・とても硬いです・・・   短時間でできる肩こり解消法!!!   長時間同じ姿勢が多い方(特にデスクワークの方)、猫背の方は肩こりになりやすいです。 人の頭は5キロほど(スイカ一個分くらい)の重さがあり、首から肩の筋肉に負担をかけています。しかし、首より前に頭が出た姿勢になると、3倍ほどの重さがかかります。 いくらマッサージでほぐしても、姿勢を改善させなければ良くなりません。   では、少しの休憩時間に出来るストレッチをご紹介いたします! ストレッチは、30秒を3回実施するのが好ましいです。 伸ばす際は、息をゆっくりと吐きながら実施しましょう。     ①両手を背中で組み,肩甲骨を内側にしっかりと引き寄せます。 出来る方は、このまま上へ挙げましょう。   ②両手を合わせ、上へ伸ばします。 肩は挙がらないように注意しながら腕を伸ばします。     […]

1年間で一番むくみやすいのは秋!?!

    • むくみ
    • 肩こり
    • 腰痛

  こんにちは! 下北沢JM整体 小寺です! 秋は、涼しくて過ごしやすい季節ですが・・・ なんと、四季の中で一番注意しなければならない季節なんです! 女性の方は特に!むくみって気になりますよね・・・??? 本日は、「1年間で一番むくみやすいのは秋!?!」です。 なぜ、秋なのか、ご紹介いたします!   え!?やはり原因は◯◯??? 前回の記事でもご紹介しましたが、秋は季節の変わり目です。 気温差により、身体に負担がかかり、疲れがたまりやすく風邪や病気になりやすいです。 夏と秋の気温差で、腰痛だけではなく、むくみも生じます。 (前回の記事はこちら↓) https://jm-seitai.com/blog/皆様!!秋に腰痛になりやすいのはご存知ですか   こんなことありませんか? ☑️ 朝起きると身体が怠い(特に足が怠い) ☑️ 秋の服装がわからなくて夏と変わらない服装をしている ☑️ 塩分、糖分を取りすぎている これらに当てはまる方は、冷えが生じています・・・!! 秋は、朝晩と昼の気温差があります。 足を冷えたままにしたり、塩分糖分を取りすぎているとそれがむくみにつながってきます。   むくみの対策は? ① ストレッチを毎日しましょう!! (↓ふくらはぎのストレッチの仕方が載っています。) https://jm-seitai.com/blog/足のむくみに悩んでいませんか? お風呂でた後に実施するのが効果的です! https://jm-seitai.com/blog/寝る前たった5分で安眠効果!?   ② 湯船に浸かりましょう!! お風呂にお湯ためるの面倒だし・・・ささっとシャワーで済ませたい・・・ そう思う方もいらっしゃると思いますが、湯船に浸かるだけで、 血行が良くなります!冷えも和らぎます!リラックス効果もあります! 1日の疲れを湯船に浸かり、洗い流しましょう!! 湯船に浸かる時間がどうしてもない方・・・!!!!! 足湯でもOKです!とにかく足を温めましょう。   まとめ 皆様、いかがでしたか? 過ごしやすいからといって、油断してしまうと身体のバランスが崩れてしまいます。 お風呂の時間を15分だけ、ストレッチの時間を5分だけとってあげてください! それだけで身体はいつもより楽になるはずです!!   膝痛の方はこちら https://jm-seitai.com/symptom_menu/膝痛   腰痛の方はこちら https://jm-seitai.com/symptom_menu/腰痛   (((  📢 今月の休診のお知らせです   ))) 9月19日〜9月いっぱいまで 前村院長 柔道世界選手権のトレーナー帯同のため […]

皆様!!秋に腰痛になりやすいのはご存知ですか?!

    • ギックリ腰
    • ヘルニア
    • 坐骨神経痛
    • 急な痛み
    • 肩こり
    • 腰痛
    • 首こり

  こんにちは! 下北沢JM整体 小寺です! 本日は、「皆様!!秋に腰痛になりやすいのはご存知ですか?!です。 急な気温や気圧の変化で、体調も変化されますよね。 皆様ご存知でしたか? この季節の変わり目は、腰痛や肩こりが起きやすい時期です。 なぜ起きやすいのか、どのような対策をしておいたほうが良いのかをご紹介いたします!   秋の腰痛には、一番◯◯が原因!?! 夏は、30度以上の気温が続いていますよね。 しかし秋になると涼しくなってきて、夏に比べると気温差が5度近く出てきます! これによって、知らず知らずのうちに身体に負担がかかり、筋肉を硬直しやすくなり、疲れがたまりやすくなります。 ズバリ、気温差が一番の原因です!!! 人間の身体は、気温差が5度以上あると自律神経が乱れやすくなります。 そして、腰痛が発症し、ストレスも溜まってきます。   もう一つ!注意すべきことが・・・!!! 厳しい夏の暑さによって、普段より水分を多く摂りますよね。 これによって、腎臓の働きが増しています。 ★ 身体のバランスを整える ★ 身体の中の老廃物を出してくれる ★ 余分な塩分や他のミネラルなどを身体の外に出す 腎臓はこういった働きがあります! 夏の間に大きなダメージを受けて、腰痛を発症しやすくします。   どんな対策をすればいい? 当たり前ですが、 ・バランスの良い食事 ・適度な運動 ・十分な睡眠。 この3つが一番大切です!!! あとは、 ・朝晩と昼間の寒暖差もあるので、外出する際は、羽織るものを用意する ・なるべく湯船に浸かり、疲れを取る ・寝るときは、足を冷やさないように長ズボンを履く   お風呂上がりや、朝起きた時に、グーッと背伸びもすると気持ちいいです!!   まとめ 皆様、いかがでしたか? 秋は涼しく夏から楽。と感じていると思いますが、要注意です! まずは、規則正しい生活と身体を冷やさないように意識して生活しましょう!   腰痛の方はこちら https://jm-seitai.com/symptom_menu/腰痛   坐骨神経痛の方はこちら https://jm-seitai.com/symptom_menu/坐骨神経痛-2      

腰が痛くならない座り方がある!?!!

    • ヘルニア
    • 坐骨神経痛
    • 姿勢改善
    • 座骨神経痛
    • 肩こり
    • 腰痛
    • 腰部脊柱管狭窄症

  こんにちは! 下北沢JM整体 小寺です! あっという間に8月も終わり9月に入りましたが、残暑が続きますね・・・ さて!そんな暑い時も吹き飛ばすような情報をお伝えいたします! 本日は、「腰が痛くならない座り方がある!?!!」です!   長時間座っていると、肩や腰が痛くなってきますよね? 坐骨神経痛の方なんかは特にこの座りすぎでの腰痛に悩まされていませんか? 座り方を意識するだけで、楽になる方法をご紹介します!   こんなにも身体に負担をかけているの? 実は、立っている時より座っているときのほうが、1.5倍もの負荷が腰にかかっています。 そして、背中を丸めて(猫背の状態)座るのは楽ですが、これは体の負担を2倍にしているので良くないのです。 この姿勢を続けていると、ヘルニアや坐骨神経痛を起こしてしまいます。 今これを読んでくれている皆様!!すぐに改善しましょう!!!   どんな座り方をすれば楽になるの? ① 奥までしっかりと深く腰をかけます ② 背もたれに軽く寄りかかります ③ 肩は力を入れないようにダランとします ④ 足裏全体は地面につけます ⑤ この時、頭が前に突き出たり、顔が下向きにならないようにします (ディスクワークの方は、パソコンは斜めにおかず身体の正面におき、肘の角度は100度ぐらいに曲げましょう!) 最大のポイントは、座っているとき座骨を立てることです!   座骨を立てるとは? 座骨を立てる。座骨を傾ける。という言葉を耳にするかと思います。 でも、座骨って?座骨を立てる感覚がわからない!って思いますよね? 実は・・・とっても簡単なんです!! ① いつも通り椅子に深く腰をかけましょう ② お尻の下に両手を入れると左右に骨があると思います (この骨が座骨です)  この骨が椅子に当たっていると、きちんとした姿勢で座れている証拠です!   まとめ 皆様いかがでしたか? 座り方が良くないと、疲れやすくなり、身体も心もマイナスになってしまいます。 特にディスクワークの方は、座り方(座骨を立てること)を意識するだけで、気持ちの面でもプラスに仕事に取り組めるかと思います! 反り腰の方は、タオルを丸めて、腰に挟めて座りましょう!   休憩時間(できれば30分に1回)には、肩回しや身体の力を抜いたり、立ち上がったり、リフレッシュしましょう!     腰痛の方はこちら https://jm-seitai.com/symptom_menu/腰痛   坐骨神経痛の方はこちら https://jm-seitai.com/symptom_menu/坐骨神経痛-2   […]

足のむくみに悩んでいませんか?

    • 肩こり
    • 腰痛
    • 首こり

    こんにちは!あなたの痛みの原因追求します!  下北沢JM整体 小寺です! 本日は「足のむくみに悩んでいませんか?」です!  ふくらはぎを親指で押すと、触った跡が残ったり、靴下のゴムの跡がついたりということありませんか? 今日は、ふくらはぎのむくみについて簡単にご紹介します!     このようなことありませんか? ☑長時間立っている事、座っている事が多い。 ☑冷たいものばかり飲んでいる。 ☑手足が良く冷える。 ☑睡眠不足・・・。疲労が溜まっている・・・。 どれか当てはまるものはありましたか? 一つでも当てはまればあなたはむくみの症状を抱えている可能性がございます! これらは、むくみが生じる原因です!!🚨 むくみとは、うまく全身に血液が巡らず、余分な水分や老廃物が体内に溜まっていることを言います。 人間の60%は水分でできています。 そのうちの3分の2が細胞内で、3分の1が細胞外でできています。 この細胞外で、うまく働かなかったものが溜め込んでしまった時に、むくみが生じます。   大事なのはふくらはぎ!?! ふくらはぎは、溜まりがちな水分、老廃物をうまく循環させるための大事な筋肉のポンプのような役割を果たしています! 実は、第二の心臓と呼ばれるくらい大切なんです!! ふくらはぎが固まっていると、足のむくみだけではなく、腰痛にも繋がってきます。 体って不思議ですよね!!体の全てが繋がっているのです!! 食事が原因となる? 実は塩分の取りすぎは、むくみ原因となる事がございます! 食事は、カリウム(ほうれん草やアボカド、納豆)やタンパク質(魚、肉、卵)を多く摂るのが効果的です! 白米のお供に納豆や、ほうれん草のおひたし、ささみとアボカド、たっぷり野菜のサラダなどを加えてみてはいかがでしょうか?     解消法は? どこでもできる簡単なストレッチをご紹介します!   →ふくらはぎのストレッチ(アキレス腱伸ばし) 立位の姿勢で、足を前後に開き、壁やテーブルに両手をつきます。 伸ばしたい足を後ろに引いて、膝を伸ばします。この時、かかとが浮かないようにします。 反対足は、膝を曲げます。 30秒3セットが効果的です! 仕事の空き時間や家事の合間などに実施してみてはいかがですか?   ストレッチをすることにより、筋肉を和らげたり、溜まった水分や老廃物を回収しやすくしてくれます。    お風呂も、シャワーのみではなく、できれば湯船に浸かりましょう。 足湯だけでも十分効果的です!   まとめ みなさんいかがでしたか? 簡単にむくみと言っても筋肉だけの問題だけではなかったですよね? 食事や日常生活を少し変えるだけでも、改善されます。 足のむくみが気になる方だけでなく、腰痛や肩の痛みが気になる方も一度ふくらはぎの張りを確認してみましょう! 腰痛の方はこちらから […]

急に肩が上がらない!四十肩・五十肩の原因とは?

    • 姿勢改善
    • 肩こり
    • 首こり

急に上がらない四十肩・五十肩の原因とは?   こんにちは!あなたの痛みの原因追求します! 柔道整復師・スポーツトレーナー 下北沢JM整体 院長の前村です! 本日は「急に肩が上がらない!四十肩・五十肩の原因とは?」   実際のとこ四十肩・五十肩がなぜ起こるのかハッキリしたことはまだ明らかになっていません。しかし、肩の関節や関節周辺の靭帯・腱・筋・関節包が炎症や拘縮を起こすことが主な原因だと考えられています。    肩関節は肩だけがが動くのではなく肩甲骨も同時に動きます。 この肩甲骨の動きが悪かったり、可動域が狭いと、腕を動かした際に肩関節に負担が掛かり、痛みの原因になってしまいます。  肩を使いすぎてしまう事で痛みに繋がります。 しかし逆に肩を動かすことが少なすぎることも四十肩・五十肩の原因になることがあります 肩を動かすことが少なくなると、筋肉を使わなくなるためどんどんと衰えてしまい、関節が固くなってしまいます。硬くなった関節が原因で肩の持つ本来の動きができなくなってしまうため、痛みが生じてしまうのです。   若いうちは、多少無理な動かし方をしていたとしてもそこまで気になることはありません。しかし、その負担は確実に身体に蓄積されています。それが痛みとして表れてくるのが40、50代のことが多いため、四十肩・五十肩と呼ばれているのです。   四十肩・五十肩はどんな人がなりやすい? 四十肩・五十肩の発症しやすい人の特徴は姿勢の悪い猫背の人なんです! なぜ猫背の人が発症しやすいのでしょうか? 猫背になることによって肩が前に入ってしまいます。腕が身体の前に来ている状態になってしまいます。 この状態だと、肩甲骨の動きが制限されてしまいます! ただ腕を上げるだけでも筋肉に掛かる負担は大きくなってしまいます。負担が大きい分、普段の腕を上げる動作で筋肉を酷使することになり、溜まった疲労が40~50代で四十肩・五十肩となって出てきてしまうのです。また、偏った食事や睡眠不足による自律神経の乱れも原因の1つです。   まとめ 急に朝に起きたら肩が上がらないということが起きてしまいます。 それは普段の姿勢が大きな原因となってしまうため、普段から姿勢をよくしていくことが大切なんです! 四十肩・五十肩は一度なってしまうと仕事や生活に大きな支障をきたしてしまいます! そうなってしまったらできるだけ早めの対処が必要です! 少しでも肩が上がらないと違和感を感じ始めたら、いち早くご相談ください! 世田谷区下北沢では当院でしか、受けることのできない施術がございます!      

『警報』スマホが起こす巻き肩とは?

    • 肩こり

 肩こりを起こす巻き肩って知ってます? こんにちは!あなたの痛みの原因追求します! 柔道整復師・スポーツトレーナー 下北沢JM整体 院長の前村です! 本日は「『警報』スマホが起こす巻き肩とは?」 近年、スマホ所有率は70%以上とされています。 もはや持っていない人を探すほうが難しいと言えるでしょう。 SNSやゲームを使用している方も多いかと思います。スマホやタブレットの使用時間も年々長くなっています。 長時間のスマホやタブレットの使用が身体に起こすストレスは多大なものとなってきています。 スマホ巻き肩? 最近特に言われているのが、巻き肩なんです 近年は「スマホ巻き肩」が話題になっています。 巻き肩とは、両肩が前のほうに向かって内側にねじれている状態のことをいいます。 「スマホ巻き肩」はなんで駄目なの? ○首が前に突出してしまい、肩甲骨が動きが制限してしまうことで肩こりの原因となる。 ○頭痛・めまい・吐き気などを自律神経の乱れから起こしやすくなる。 ○痺れや血流障害を起こしやすくなり、手の冷え症なども起こしやすい。 ○五十肩の原因となりやすい あなたはスマホ巻き肩? まずは簡単なチェック方法です! 〇両腕をまっすぐ上に上げることができない。 〇仰向けに寝るのが苦しい。   <スマホを見る姿勢の意識>  ○肩甲骨をよせたり開いたりの運動を行う! ○スマホを見る際に目の高さを意識する。 まとめ 日常生活の中でスマホを利用するとき常に注意するようにしてください。 便利ですが使い方次第で、体調を崩しかねないのですから、、、 お悩みの方はいつでもご相談ください! 肩こり・巻き肩にお悩みの方はこちら! 肩こり  

インターネット限定
OPEN特別価格

施術1回 通常 8,000

初回限定

3,980

まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

03-4283-3275 03-4283-3275

営業時間:9:00〜21:00 定休日:不定休

下北沢JM整体院

住所
〒 155-0032
東京都世田谷区代沢5−8−15
山口ビル2F
アクセス
下北沢駅南西口から徒歩5分
お子様連れの方の来院も大歓迎!
代表者
前村 良佑
電話番号
03-4283-3275 03-4283-3275

当日予約も可能です!お電話ください

営業時間
9:00〜21:00

ソーシャルメディア

お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP