腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛・膝痛・肩こりなど、痛みの根本治療なら下北沢JM整体院へ

下北沢JM整体院

下北沢駅南西口から徒歩5分
お子様連れの方の来院も大歓迎!

住 所
東京都世田谷区代沢5−8−15
山口ビル2F
営業時間
9:00〜21:00

下北沢JM整体院のブログ

下北沢JM整体院では必ず〇〇を見る!!!

    • アスリートコンディショニング
    • ギックリ腰
    • 坐骨神経痛
    • 股関節痛
    • 腰痛
    • 膝の痛み

下北沢JM整体院では必ず〇〇を見る!!! こんにちは!あなたの痛みの原因追求します! 柔道整復師の吉澤です!!!   本格的に夏が始まりそうな陽気ですね、、、   暑くなるにつれて、体調不良の方も増えてきています。   自分のお身体と向き合い 休むときは休む。メリハリをつけた生活が必要ですね!!!   今回は前回のアスリートの施術についてのブログの続きになります。   〇〇を下北沢JM整体院では見ると題しました。   私も前村院長もほとんど必ずと言って良いほどどの症状の患者さまでも触れます。   それは、、、   股関節です!!!   今回はなぜ股関節なの??? と言う疑問をお客様に分かりやすい様にお話させて頂きます。   股関節ってどこ?? 何があるの?? 股関節は骨盤の寛骨臼という受け皿と大腿骨頭という球体が組み合わさった関節です。   肩関節に次いで、自由度が高い関節です。 ※自由度が高い=動きに制限が出た時に身体に異常が出やすいという事です!!!   猿から二足歩行へと進化した人間は、猿の時は背骨にあった重心が股関節付近へと移る事になり、とても重要な関節となりました。   そんな股関節の周囲の筋肉や神経、血管についてお話していきます。 股関節周囲の大切な筋肉 【大臀筋(だいでんきん)】 一度は耳にされた事がある方が多いかと思います。 骨盤から大腿骨へと股関節をまたぐ様に付着していて、二足歩行の人間のみここまで大きく発達している事が特徴です。   この大臀筋が弱化してしまうと、老人性歩行と言ってふらつきが出てきたり、 長時間の立ち姿勢が辛くなってきます。 次に 【腸腰筋(ちょうようきん)】 背骨の腰椎から股関節をまたいで大腿骨に付着する筋肉です。   股関節に制限が現れると、この筋肉が緊張し付着している腰椎にも異常が現れます。 その為、腸腰筋は腰痛と膝痛と密接に関係しております。 股関節周囲の大切な血管 【大腿動脈.静脈】 骨盤の血管から分岐する動脈で、下肢の内側を走行していて 足先の方まで伸びていっております。 その為、股関節付近の筋肉や関節の動きに制限が出ると、ここを通る 大腿動静脈の血流が悪くなり、冷え性などになり易いです。 股関節は足の冷え性と密接な関係ですね!!! 股関節周囲の大切な神経 […]

腰痛で腰以外を触ると改善する◯◯知っていますか??

    • お客様の声
    • ギックリ腰
    • 腰痛

こんにちは!あなたの痛みの原因追求いたします! 下北沢JM整体院の吉澤です。   前回は膝痛の要因は足先から見直していくお話しをさせて頂きました。   下北沢JM整体院は膝痛と腰痛のお客様が多くご来院されます。   今回は腰痛にフォーカスを置いてお話しさせて頂きます!!!   題して… “腰痛はなんでお腹が原因が多い”   ??? まさに出だしからなんで??という感じですよね(笑)   私が腰痛患者様を見させていただく際は、100%と言って良いほど腹部に触れます。 新規の患者様からは「え??腰痛でお腹??」といつも不思議に思われます^^ その理由を分かりやすくお話しして行きますね!!!   腰痛でなんでお腹なの??? これは、私が以前腰痛セミナーをした際の写真です。 ※まさにお腹に触れています!!!   お腹の奥には、下記写真の大腰筋と言われる 腰椎から股関節にかけて付着する筋肉があります。 この筋肉は腸の奥にあり、間接的に触れることが出来ます。   この筋肉が異常筋緊張を起こすと、腰(腰椎)を前へ引っ張ってしまいます。 これがいわゆる反り腰だったり、脊柱管狭窄症.腰椎すべり症.ギックリ腰と言われる物の要因となります。   このような状態の方は、うつ伏せで上から腰を押されると、前への飛び出しが更に助長されてしまう為、悪化してしまいます!!!   この前への飛び出しが多い人の特徴としては   デスクワーク 長時間運転のお仕事 股関節が固い人   これらの方が多いです!!!   腹部が短縮方向で長時間固まってしまうからです。   大腰筋について、少しづつご理解頂けた所で、、、 大腰筋が原因の腰痛に多い症状 大腰筋が腹部から間接的に触れられて 使いすぎると、腰を反り気味の方向へと導いてしまう事はお分かり頂けたかと思います。   この筋肉が緊張することが起きる腰痛の症状は   ずっと座っていると痛いが、動いている方が楽 年に数回ぎっくり腰になる 朝方が一番痛い etc… ※当てはまる項目が多い方ほど要注意です!!!   […]

腰痛でこんなことがありました!! 腰痛専門 世田谷区下北沢JM整体

    • ギックリ腰
    • ヘルニア
    • 座骨神経痛
    • 腰痛
    • 腰部脊柱管狭窄症

腰痛の症状がいつもと違う?   こんにちは!あなたの痛みの原因追求します! 柔道整復師・スポーツトレーナー 下北沢JM整体 院長の前村です! 本日は「坐骨神経痛でこんなことがありました!!」   先日、腰痛でお悩みの方女性から予約の連絡があり、背中から腰の痛みが強く、診てほしいとご連絡がありました。 椅子に座ってカウンセリングをしている間も痛みで座ってられないようでした。 そしていつもとは違った違和感があったのです。 これは腰痛ではない? まずお話しを伺うと、腰の上部のあたりに激しい痛みを訴えていました! 当初は痛みの状態を確認した際は脊柱と言われる背骨に近い部分の痛みがあるとのことでしたが、検査を続けていくと、下記の画像で丸で印をつけているあたりにさらに激しい痛みがあったのです! 腰痛は様々な種類があります。 ・腰椎ヘルニア ・脊柱管狭窄症 ・急性腰痛(ぎっくり腰) ・仙腸関節炎 ・慢性腰痛(筋緊張) 簡単にいうとこの辺りがメジャーになります。 まずは腰痛と訴えのあった際には上記の症状を基本的に疑います。 ですが今回の症状はこれらの症状に当てはまらなかったのです。 では今回の痛みは何が原因だったのでしょうか?   痛みの原因はやはりあれでした!! 今回の痛みの原因それは、、、 尿管結石です!! 下記の画像を上記のものと比べると腎臓の位置に当てはまります。 もちろん結果は病院に検査を行っていただき、正確に診断していただいたものです。 過去にもこの尿管結石の疑いを見つけた経験があったので、スムーズに病院を紹介することができました。 あくまでも当院では筋肉・関節・靭帯などの状態異常であれば対応可能ですが、内臓疾患を治療することは不可能です。 むしろ施術しようとすれば、状態を悪化させてしまう可能性の方が高いのです。 施術をがむしゃらに筋肉や関節だからと一方的に決めつけてマッサージなどを行ってしまうのは本当によくありません。 痛みの本質をしっかりと理解することで、施術以外で解決できる事もたくさんあるのですから、、、 まとめ ただの腰痛? それならマッサージで揉みほぐしてもらえればいいや!! そんな簡単なことはありません。 痛みのない生活を送ってもらうためにも、正しい処置と検査で少しでも早く痛みを取り除くお手伝いをしています。 そのためにはしっかりと医療機関にご紹介する事もあります。 餅は餅屋!! 同じ身体のことでも、専門分野が違えば事故に繋がるケースもあります。 あくまでもプロだからこそ、しっかりと医療機関に送る事も必要という事です。 当院ではお客様の身体の痛みの状態を確認した上で施術させていただきます。 痛みのない生活を一緒に手に入れましょう!! 腰痛の方はこちら https://jm-seitai.com/symptom_menu/腰痛 坐骨神経痛の方はこちら https://jm-seitai.com/symptom_menu/坐骨神経痛 ヘルニアの方はこちら https://jm-seitai.com/symptom_menu/ヘルニア      

皆様!!秋に腰痛になりやすいのはご存知ですか?!

    • ギックリ腰
    • ヘルニア
    • 坐骨神経痛
    • 急な痛み
    • 肩こり
    • 腰痛
    • 首こり

  こんにちは! 下北沢JM整体 小寺です! 本日は、「皆様!!秋に腰痛になりやすいのはご存知ですか?!です。 急な気温や気圧の変化で、体調も変化されますよね。 皆様ご存知でしたか? この季節の変わり目は、腰痛や肩こりが起きやすい時期です。 なぜ起きやすいのか、どのような対策をしておいたほうが良いのかをご紹介いたします!   秋の腰痛には、一番◯◯が原因!?! 夏は、30度以上の気温が続いていますよね。 しかし秋になると涼しくなってきて、夏に比べると気温差が5度近く出てきます! これによって、知らず知らずのうちに身体に負担がかかり、筋肉を硬直しやすくなり、疲れがたまりやすくなります。 ズバリ、気温差が一番の原因です!!! 人間の身体は、気温差が5度以上あると自律神経が乱れやすくなります。 そして、腰痛が発症し、ストレスも溜まってきます。   もう一つ!注意すべきことが・・・!!! 厳しい夏の暑さによって、普段より水分を多く摂りますよね。 これによって、腎臓の働きが増しています。 ★ 身体のバランスを整える ★ 身体の中の老廃物を出してくれる ★ 余分な塩分や他のミネラルなどを身体の外に出す 腎臓はこういった働きがあります! 夏の間に大きなダメージを受けて、腰痛を発症しやすくします。   どんな対策をすればいい? 当たり前ですが、 ・バランスの良い食事 ・適度な運動 ・十分な睡眠。 この3つが一番大切です!!! あとは、 ・朝晩と昼間の寒暖差もあるので、外出する際は、羽織るものを用意する ・なるべく湯船に浸かり、疲れを取る ・寝るときは、足を冷やさないように長ズボンを履く   お風呂上がりや、朝起きた時に、グーッと背伸びもすると気持ちいいです!!   まとめ 皆様、いかがでしたか? 秋は涼しく夏から楽。と感じていると思いますが、要注意です! まずは、規則正しい生活と身体を冷やさないように意識して生活しましょう!   腰痛の方はこちら https://jm-seitai.com/symptom_menu/腰痛   坐骨神経痛の方はこちら https://jm-seitai.com/symptom_menu/坐骨神経痛-2      

ギックリ腰になった時の対処法! 腰痛専門 下北沢JM整体院

    • ギックリ腰
    • 腰痛

ギックリ腰って一体なんでなるの? こんにちは!あなたの痛みの原因を追求します!柔道整復師・スポーツトレーナー・下北沢JM整体院長の前村です。 今回は「ギックリ腰」についてお話し致します。 まずギックリ腰は正式名称ではございません。 いきなりギクッと痛みが走ることからこのように呼ばれることが一般的になってしまいましたね。 西洋では魔女の一撃なんて呼ばれているんですよ! 正式名称は急性腰痛です。 私たちの業界ではギックリ腰ってあまり使わないんですよね。 まずはなんでギックリ腰になってしまうのかということです。 ・急に重いものを持ち上げた時。 ・リモコンやお皿などの比較的軽い物を取ろうと手を伸ばした時。 ・くしゃみをした瞬間。 などなど、重いものを持ち上げてギックリ腰になるのが一番多い気がしますよね? ドラマやアニメのワンシーンでは重いものを持ち上げた瞬間にギックリ腰を起こしたなんて場面を見たことありませんか? ですが実際の臨床ではリモコンやお皿を取ろうとしたなど、比較的軽いものを取ろうとした瞬間のギックリ腰が比較的に多いです。 重症度も高い方もこのパターンが多いですね。 むしろ重いものを持ち上げようとして腰を痛めた方が重症度は比較的に軽い方が多いです。 それは重いものを持ち上げようと身体中の筋力を最大限発揮しようとしているので、ギックリ腰を引き起こした瞬間もリターンが少ないと言えます。 ですが軽いものだと、身体は特に筋肉を脱力している状態で不意に腰部に瞬間的な力が発生してしまう為、身体に加わるリターンが多いと言えます。 ギックリ腰になった瞬間はどうすれば良い? ギックリ腰になった瞬間は息もできないくらいの痛みと恐怖感に襲われます。 ギックリ腰になった瞬間は以下の事を実行してください。 ・痛みの出ない動きや体勢を取りましょう。 ・筋肉や関節の異常で炎症がある場合はアイシングをしてください。 ・まずは横になって落ち着くまで深呼吸をしっかりしてください。 ・立てない歩けない場合は無理をせず救急車を呼びましょう。 ・腰痛ベルトを持っている人は巻いてみて痛みが軽減するか試してみてください。 自分のギックリ腰がどのようになっているかを知るのが大事ですね!   ギックリ腰になってしまってからが大事です。 まずはギックリ腰が起こった際に一つ重要なことは 恐怖心 これが動かせない一つのキーワードと言えるでしょう。 ギックリ腰の際にこの恐怖心が邪魔をしてしまい、身体を動かすことに抵抗を覚えてしまうのです。 まずは痛みのない方向に少しづつ動かしていき、痛みや恐怖心を無くしてあげることで、動かせる範囲をあげてあげることでギックリ腰は劇的な変化を起こします。 安静にしていればいいのはわかります。ですがギックリ腰で仕事を何日も休むわけには行かないかと思います。早期に回復していくにはコツがあります。   まとめ 当院ではこのギックリ腰の際に無理やりゴリゴリマッサージをすることはありません。 症状にもよりますが、最初は抱えられるように来院された方が施術後は普通に歩いてご帰宅できた方もいらっしゃいます。 ギックリ腰は本当に辛いです。 なってから一日でも早くあの痛みが無くなるようにしたいですよね? 私が一緒に痛みを無くすお手伝いをさせて頂きます。 まずは一度当院にご相談ください。    

ギックリ腰でマッサージは本当に危険ですよ!腰痛専門 下北沢JM整体院

    • ギックリ腰
    • 腰痛

ギックリ腰は絶対に揉んではいけません! こんにちは!あなたの痛みの原因を追求します!柔道整復師・スポーツトレーナー・下北沢JM整体院長の前村です。 今回は「ギックリ腰は揉んでは危険!」についてお話し致します。 まずギックリ腰は急性腰痛と呼ばれるのは前のブログでもお話し致しましたが、要は腰の捻挫と言ったらわかりやすいかもしれません! 足を捻挫した、膝を捻挫した際には皆さんはマッサージで治そうと思いますか? 多分多くの方がそんなことはせずにアイシングや固定をすることが最初に思い浮かぶかと思います! なぜ腰なら揉んでしまうのか? 昔の間違った知識や情報でそれがメディアなどを通して間違った知識が頭に刷り込まれているからなんですね。 今でもアニメなんかで腰を思いっきり押したら一発でギックリ腰が治ったなんてシーンを思い出しませんか? それが常識として刷り込まれているのでしょう。 ギックリ腰にも種類はありますが、痛みの強い時に冷やすという行為自体は間違えではありません! 腰は温めろと昔の人はよく言いますよね? これも温泉などで効能の欄に腰痛などに効くと書いてあるので温めるのが常識になっているのですね。 長年の腰痛ならば筋肉が硬くなっているので、温めることで腰の筋肉が一時的に緩むことで痛みが軽減します。 ですがギックリ腰の臍には必ずと言っていいほど、炎症がございます。 さらに急激に熱を加えてしまうことは症状を悪化させてしまうので非常に危険です! ギックリ腰になってしまったら。 ギックリ腰になった瞬間は以下の事を実行してください。 ・痛みの出ない動きや体勢を取りましょう。 ・筋肉や関節の異常で炎症がある場合はアイシングをしてください。 ・まずは横になって落ち着くまで深呼吸をしっかりしてください。 ・立てない歩けない場合は無理をせず救急車を呼びましょう。 ・腰痛ベルトを持っている人は巻いてみて痛みが軽減するか試してみてください。 自分のギックリ腰がどのようになっているかを知るのが大事ですね!   ギックリ腰になってしまってからが大事です。 まずはギックリ腰が起こった際に一つ重要なことは 恐怖心 これが動かせない一つのキーワードと言えるでしょう。 ギックリ腰の際にこの恐怖心が邪魔をしてしまい、身体を動かすことに抵抗を覚えてしまうのです。 痛みを無くす為にと、無理なマッサージほど危険なものはありません。 まずは痛みのない方向に少しづつ動かしていき、痛みや恐怖心を無くしてあげることで、動かせる範囲をあげてあげることでギックリ腰は劇的な変化を起こします。 安静にしていればいいのはわかります。ですがギックリ腰で仕事を何日も休むわけには行かないかと思います。早期に回復していくにはコツがあります。   まとめ 当院ではこのギックリ腰の際に無理やりゴリゴリマッサージをすることはありません。 症状にもよりますが、最初は抱えられるように来院された方が施術後は普通に歩いてご帰宅できた方もいらっしゃいます。 ギックリ腰は本当に辛いです。 なってから一日でも早くあの痛みが無くなるようにしたいですよね? 私が一緒に痛みを無くすお手伝いをさせて頂きます。 まずは一度当院にご相談ください。    

インターネット限定
OPEN特別価格

施術1回 通常 8,000

初回限定

3,980

まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

03-4283-3275 03-4283-3275

営業時間:9:00〜21:00 定休日:不定休

下北沢JM整体院

住所
〒 155-0032
東京都世田谷区代沢5−8−15
山口ビル2F
アクセス
下北沢駅南西口から徒歩5分
お子様連れの方の来院も大歓迎!
代表者
前村 良佑
電話番号
03-4283-3275 03-4283-3275

当日予約も可能です!お電話ください

営業時間
9:00〜21:00

ソーシャルメディア

お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP