下北沢JM整体院

下北沢駅南口から徒歩5分
お子様連れの方の来院も大歓迎!

住 所
東京都世田谷区代沢5−8−15
山口ビル2F
営業時間
9:00〜21:00

椎間板ヘルニア治療の落とし穴とは?!

みんな画像診断が全てだと思っていませんか?


こんにちは!あなたの痛みの原因追求します! 柔道整復師・スポーツトレーナー 下北沢JM整体 院長の前村です!

本日は「椎間板ヘルニア治療の落とし穴とは?!」

長い間の腰の痛みがついに耐え切れなくなり、整形外科に行き、レントゲンやMRIなどを撮られたあと、「椎間板ヘルニア」あるいは「脊柱管狭窄症」と診断される。その後、医者の勧めるままに、電気治療やブロック注射を受けに通院して、もらったクスリを飲んでもなかなか痛みが消えない・・・。

こんな悩みを抱えている方、両親はじめ家族が腰痛に苦しめられている人も多いのではないだろうか。

「腰痛の原因が、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄ではないのに、そう診断されている人は実に多いのです。私が実際に患者さんを治療した実感では、9割以上の腰痛の原因は別のところにあります。本当の原因を直した結果、腰痛がウソのように簡単によくなった方はたくさんいらっしゃいます」

 

腰の部分、背骨と背骨の間には、クッションの働きをするゴム板のような椎間板という軟らかい組織が連なっています。これがあるおかげで、硬い骨同士は互いに傷つかず、前後左右にスムーズに動きます。椎間板ヘルニアと診断される時、「押しつぶされて変形した椎間板が外へ飛び出し、背中の神経を刺激しているから腰が痛いんです」と、画像を見せられ、説明されるのが一般的です。

ところが、(レントゲンやMRIなどの)画像検査によって椎間板の異常が見つかった人のうち、本当に椎間板ヘルニアが原因の腰痛はわずか3%。残りの97%は「椎間板ヘルニアだから腰が痛い」のではありません。

本当の腰痛の原因はどこにあるのでしょう?

この97%の腰痛のほとんどが、「仙腸関節」という腰痛治療のカギを握る関節が、ねじれてひっかかり、動きが悪くなった状態にあるのです。これが腰痛の原因となって痛みやしびれを引き起こします。

 

腰痛治療の落とし穴は「画像信仰」にあった

ーーなぜ、椎間板ヘルニアに誤診が多いのですか?

腰痛医学の歴史では、20世紀半ばに椎間板ヘルニアが発見されて以来、半世紀にわたって世界中で椎間板ヘルニアの研究がなされ、椎間板こそが腰痛の原因だと誰もが信じてきました。医学の教科書、多くの腰痛本にそう書かれています。

この定説にさらに拍車をかけたのが1990年代に普及したMRI(核磁気共鳴撮像法)です。「椎間板の変形」がみごとに撮影できたため、これが腰痛の原因だと〝画像信仰〟を加速させました。ここに腰痛治療の落とし穴があったのです。

21世紀になると、ようやく腰痛の常識が変わり始めました。目に見える画像だけに注目して腰痛治療を考えること自体が間違いだったという声が海外でも高まりつつあります。

的外れな腰痛手術やレーザー治療は百害あって一利なしなのです。

まとめ

いかがでしたか?

医療の業界は昨日までの常識が非常識になってしまう業界です!

レントゲンやMRIの情報だけでは100%とは言い切れません。

もしも痛みが長年続いている人は一度視点を変えてみることをお勧めいたします!

ヘルニアでお困りの方はこちら!

椎間板ヘルニア

 

  • ヘルニア

インターネット限定
OPEN特別価格

施術1回 通常 8,000

初回限定

3,980

まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

03-4283-3275 03-4283-3275

営業時間:9:00〜21:00 定休日:不定休

下北沢JM整体院

住所
〒 155-0032
東京都世田谷区代沢5−8−15
山口ビル2F
アクセス
下北沢駅南口から徒歩5分
お子様連れの方の来院も大歓迎!
代表者
前村 良佑
電話番号
03-4283-3275 03-4283-3275

当日予約も可能です!お電話ください

営業時間
9:00〜21:00

ソーシャルメディア

お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP